www.cadyfontana.com

-

-

乳幼児でもできる習い事はたくさんあります。 その中の1つに「サッカー」があるのです。 他のスポーツは難しく、まだ2,3才の子供にはできないので、教室は存在しませんが、サッカーだけは早ければ、 2歳半越えたくらいから、教室を開いている所もあります。 話しを聞く所によると、ボール遊びをしている状態のようですが。 そして、必ず何人かは、先生の話は聞けずに、自分の好きなように遊んでいるようです。 ボールと友達になるという意味では、小さい頃から早く始めた方が、効果あるのでしょう。 サッカーは、グラウンドを走り回るイメージの方が強いので、とても運動にもなりそうです。 息子の友達も、2才の頃から、サッカーをやっていました。 始めてからは、サッカーにしか興味がなくなり、息子らと遊ばなくなってしまいました。 公園に来ても、お母さんと2人で、サッカーをしていました。 そういう姿をみると、ちょっと疑問も感じたりはしました。 でも、今はその子も大きくなって、本格的にサッカーをしています。そうやって、本当に好きで、続けていけるなら、○だったのでしょうね。 サッカーに限らずですが、乳幼児の習い事は、親がよく見守って、気持ちを汲み取りながら進めていかなくてはなりませんね。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.cadyfontana.com All Rights Reserved.