www.cadyfontana.com

-

-

自己破産を考えている人で自分の借り入れに関してほかに保証人を立てている場合には、事前に相談しておいたほうが無難です。さらに、強調しておきますが、債務に保証人が存在する場合は、自己破産以前にちょっと検討する必要があります。自分が破産手続きを出してOKが出ればその人があなたの借金を全部払う義務が生じるからです。ということから、破産以前に今までの経緯とか現状について報告しつつお詫びをしなくてはなりません。これらのことは保証人となる人からすれば当然のことです。友人等のあなたが破産手続きを取るために、結果的に大きな支払い義務が回ってくるわけですから。そして、以後の保証人の選べる方法は次の4つです。まず1つめですがあなたの保証人が「すべてを返す」という方法です。あなたの保証人がその何百万ものお金をラクに返金できるほどのような資産を持っているならばできます。でもその場合、自分は自己破産せずに保証人となる人に立て替えてもらい自身は保証人自身に定期的に返済していくということもできると思われます。保証人がもし借金をした人と信頼関係にある場合などは少しだけ返済期間を延ばしてもらうことも可能かもしれません。たとえいっしょに返済できなくても、相談により分割での返済に応じるものです。その保証人にも破産宣告を行われると債権が一銭も返らないことになるからです。もし保証人があなたの負債を全部背負う財力がない場合は債務者とまた同様に債務の整理を選ばなくてはなりません。続く方法は「任意整理」によって処理することです。貸した側と話し合う方法でだいたい5年ほどの期日で弁済していく方法です。弁護士に依頼するにあたってのかかる費用は債権者1社ごとにだいたい4万円。合計7社からの債務があったなら28万円ほどかかることになります。当然貸金業者との話し合いを自分でやってしまうこともできますがこの分野の経験や知識がない素人だと相手があなたにとっては不利な提案を提示してくるので、注意しなければなりません。それに、任意整理を選択するとしても保証人である人に債務を払ってもらうわけなので借りた本人は少しずつでも保証人に返済を続けていくべきでしょう。続いて3つめは保証人である人も返済できなくなった人と同様「自己破産を申し立てる」という選択肢です。保証人も破産した人と同じように自己破産をすればその保証人の債務も消滅します。ただその場合は、あなたの保証人がマンション等を所有している場合は価値のある私財を没収されてしまいますし、司法書士等の業界にいるのであれば影響が出ることは必須です。そういった場合は、個人再生による手続きを検討することができます。最後の4つめの選択肢は「個人再生という制度を利用する」ことです。土地建物等を残したまま整理をしたい場合や破産では資格制限に触れる業務についている場合に利用できるのが個人再生による整理です。この処理の場合、自宅は手元に残りますし自己破産のような職業にかかる制限資格制限等は何もありません。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.cadyfontana.com All Rights Reserved.