ですが1度利用してしまった場合

-

-

借金の支払方法について頻繁に設定されていたりするのがリボというやりかたです。

今日では一括を設けずに、リボルディング払のみのクレジットカード会社も存在したりします。

というのは一括引き落しでは企業の収益がよくないので、リボ払いにして収益性を持ちあげるのが目的なんです。

さらに借入する人にもリボ払いでの返済の方が直観的にわかりやすく無理がなく引き落しできて得心するといった方も多いのです。

ですがこれが逆に使いすぎてしまったというケースになってしまうことがあるのです。

それというのも1回目にキャッシングするときはみんなじっくり考えるはずです。

当然でしょう。

キャッシングの本質は借入をするということですから、借金するというようなことは心情として嫌なのです。

ですが1度利用してしまった場合、この簡単さに拍子抜けしてしまうので、限度額に達するまでお金を引き出してしまうと言う人がたいへん多いです。

加えて、何度か引き落しがされて、幾分か限度額が空いた場合に再び借りてしまう。

それが借金の悪循環です。

リボルディングは特性上、小刻みにしか借入総額が減っていかないようになっています。

つまりこういった過ちを繰り返すと長期間返済しなければならないことになりかねません。

こうしたことにならないために、絶対に必要な範囲内でしか借入しないといった強靭な決意と計画が必要です。

こういう事態に陥った場合に気になるのが万が一借入しすぎてしまったらカードはどうなってしまうかですが作成した口座の上限枠といったものは、使用者に個別に設定された上限枠ですので何かの拍子に与信額一杯使用したとしても支払がちゃんとなされていれば、カードが使用できなくなるということはないです。

特典などが付く種類のカードなら使った分のポイントが付加されてきます。

ローン会社の立場では良い顧客ということになるのです。

反面、返済が規定回数遅れる場合、与信が悪化してしまいます。

最悪サービスの停止というような制裁が取られる場合もあるのです。

カードが使用できなくなっても当然のことながら使用分を完済するまでは返済を続ける義務があることに変わりはありません。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.cadyfontana.com All Rights Reserved.