インターバンクで取引量の多い通貨の組合せで

-

-

「スプレッド」とはFXは二国間の通貨を取引して儲けを上げる商品です。76-13-122

売買の注文の値段は常に上下しています。76-17-122

それが為替です。76-1-122

インターネットでニュースをみていると通貨のレートのニュースが流れる時があります。76-3-122

よく見かけるのが、「現在のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。76-16-122

これは80円50銭から80円52銭の間で買ったり売ったりされているという訳ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを言い表しています。76-6-122

すなわち、トレードには買値と売値の価格が存在するのです。76-11-122

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表示しているFX業者も存在しています。76-15-122

平常時には売値が買値よりも小さく決定されています。76-2-122

投資家が買値は高く、売値は低くなっています。76-18-122

この差分をスプレッドといい、会社の儲けのひとつといわれています。

スプレッドの幅はFX業者によって違います。

スプレッドの幅は自分にとって出費になるので狭いFX会社を選択したほうが儲けられます。

ただし、同じFX業者でも局面によってはスプレッドの狭さは大きくなったり小さくなったりします。

例えば日常的にはドル円のペアでたった1銭のスプレッドの幅であるとしてもレートの上下が激しい場合には大きくなったりする場面があります。

ですから、スプレッドの幅が狭いのと共に安定している事が不可欠です。

近頃では決まったスプレッドを提示するFX取引会社も数多く存在します。

現実にFX取引会社の売買画面の中で本当のマーケットを調べなければ評価できないのですが、肝心な事です。

重要な投資資金を使ってエントリーするのですから本当の売り買いの前に興味を持った業者の新規取引口座開設をどんどんして示されているスプレッドの幅を確認しましょう。

同じ通貨でも、そのタイミングの為替のボラティリティによって外貨のスプレッドの差は変化します。

普通は、インターバンクで取引量の多い通貨の組合せではスプレッド幅が狭くその他の通貨ではスプレッドの広さが拡大する事があります。


Site Menu

76-10-122 76-14-122 76-8-122 76-12-122 76-5-122
Copyright © 2000 www.cadyfontana.com All Rights Reserved.