例をあげれば旧態然とした加盟店舗

-

-

お店で一切のクレジットカードが決済できるわけではない◆クレカ会社の加盟店は多くの場合二、三以上のクレカのブランドに入っていますがいかんせんどれもの加盟店であらゆる所有カードが使えるのではありません。80-13-122

例をあげれば旧態然とした加盟店舗の際だとJCBの書いてあるカードしか決済できない場合もあるし今日の商店の場合だとVISAとかMasterCardの名前のついたクレカだけしか決済不可な場合もあります。80-5-122

ダイナースクラブカードに類するクレジットカード会社の場合、もっと使用できないお店が増えるでしょう。80-14-122

何のロゴのクレジットカードが使用可能かというのをどこで見分けるといいものか?「だったらどうやってどのマークのクレジットカードが使用できるかを見分けると良いのか?」といっても、正確に判断するとしたらそこの従業員に確認してみるのみ、ていうのが正直なところその答えです。自律神経 大阪

だがたいがいの店やフードコートには加入店の分かりやすい部分に使用可能なカードの印が入っている認証ステッカーが掲示されている理由から「へー、ここの店舗はダイナースカードが決済可能なのか」という感じに迷わないようになってるので記憶にとどめておいてください。80-7-122

反対に、ちゃんと案内が出来ていない加入店舗のような場合には、ロゴが貼られている場合でも「今はご使用のクレカはお受けいたしかねます」みたいな答えを受けるなんてこともあるわけで、困惑してしまうこともなくもないですね。80-19-122

そこで、可能な限りより多くの加盟店舗でクレカが決済できるようにしたいならばもう一つのロゴ(インターナショナルな印)が入っている一般的なVISAカード、マスターカードJCB、ダイナーズアメリカンエキスプレスカード、ライフカード、等のクレジットカードを複数契約するようにするとよいと思います(例:JCBを携帯しているなら他方はアメリカンエキスプレスカード付帯のクレカを財布に入れておくほか)。80-15-122

特に国内においては、VISAカード、マスターカード、JCBの3つの印が書かれているクレジットカードをそれぞれ持っておけば、すべての契約店で3枚のうち少なくとも1枚のカードを切る機会があります。80-6-122

クレジットカードを使って効率よくポイント取得を継続していくには、きっちりと上記のクレカを使えるようにしておいてほしいとおもいます。80-4-122

80-9-122


Site Menu

80-11-122 80-18-122 80-10-122 80-17-122
Copyright © 2000 www.cadyfontana.com All Rights Reserved.