スマホの普及で腱鞘炎患者が増えた

-

-

スマホが日本に普及していますが、スマホが原因でとある症状に悩まされる人も増えたといいます。全身脱毛 池袋

その症状とは腱鞘炎。合宿免許の実態〜彼女を変えた14日間〜

腱鞘炎という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。リプロスキン

手首や指に現れることが多く、強い痛みを伴い放置しておくと慢性化してしまうこともあります。勉強しない 小学生

しかしスマホと腱鞘炎に一体どんな関係があるのかというと、スマホを持つことで手首に負担がかかり、それが原因で腱鞘炎を発症してしまうのです。コンブチャクレンズ

スマホは携帯よりも重くなっていますし、大きさもありますので片手で持つには意外と負担がかかるものです。

更には文章を打ち込むとき、強く握りながら親指を動かすため、より腱鞘炎になりやすくなってしまいます。

スマホによる腱鞘炎を防ぐためには、長時間スマホを持たないこと、ストレッチをして手首や指の関節をほぐすことなどが重要です。

最近はスマホが普及しただけでなく、ラインなどのメッセージアプリが普及したことで、更にスマホを利用する時間が増えてきました。

くれぐれも使いすぎには注意しましょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.cadyfontana.com All Rights Reserved.